ヒゲの街
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

マイケル・D・ジーコ

  • Author:マイケル・D・ジーコ
  • アラースで飯三杯いけるわ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 透過
今日は、映像の透過性について少し考えてみた。

一般的に映像は、壁や床、専用の幕といった対象物に投影して初めて存在するものである。
でも、映像を映すための投影対象物を網戸やガラスといった透過性の高いものに投影した場合どうなるであろうか。
投影し始めたら、そこに光を含んだ壁が出来上がるが、投影をやめたら今あった壁はなくなり、認識する次の壁への距離は大きくなる。
こうしたことによって、空間の変化を与えることができる。

また、投影する光を弱めたり、入射角を変えることによって、遠くが透けてみえるようになったりし、この効果を利用してレイヤー分けされた映像を重ね合わせることができると思う。

ほかにもありますが、取り合えず今日のところはここまで。
スポンサーサイト

卒制 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:3
(2005/10/26(水) 01:41)

<<Possible Futures~アート&テクノロジーの過去と未来~ | ホーム | タイトルなし>>

コメント
 
光の透過性は大きな問題点ですね。
それによって、随分と変わってくるように思います。

丸の内ビルに行った時、
透明のガラスに、裏から投影している画面があってびっくりしました。
大抵、表からだし、裏から映してキレイに見えてたから。
しかも、特に暗くはなかったし。
それだけでちょっと感動しましたよ。
URL | sakana #- | 2005/10/29(土) 23:05 [ 編集 ]

 
その場合って、ガラスに特殊な加工が施されているかな?

昔どこかで見たやつは、ガラスの一部分を半透明にして、そこに投影してたのだったのですが、それよりもっと透明に近いとなると、どうなってるんだろう?

調べてみたいと思います。
URL | ziko #- | 2005/10/30(日) 00:32 [ 編集 ]

  テクノロジー的には
どうやら、技術は進歩してるみたい。

透過性について>
ガラスに投影する時用のシール。
DNP↓
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/elec/385850

投影対象物について>
最近の研究だと、水滴に投影する技術もあるみたいよ。
東京工芸大学↓
http://laplace.photo.t-kougei.ac.jp/research/multiphase/
URL | chuson #mQop/nM. | 2005/10/31(月) 10:09 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://machel.blog4.fc2.com/tb.php/16-1f308965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ヒゲの街 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。